学生や若者向けのANAカードまとめ

学生向けANAカード

各社が学生向けのクレジットカードを発行している流れに沿ってANAカードでも学生専用のものが発行されています。通常のANAカードも十分に性能の高いものなのですが、学生カードになるとこれに加えて年会費の優遇があったり独自の付帯サービスが用意されているなどさらにお得なものとなっているのですね。今回はそんな学生カードであるANAカード(学生用)についてご紹介したいと思います。

年会費に関しては本来設定されているようですが、昨今の学生カードは年会費が無料という流れに乗っかる形で年会費無料として発行されています。これは在学中のみでありクレジットカードの更新前でも学生でなくなると一般カードへの切り替えを促されるようになっています。学生カードですので家族カードの発行はされていないのですがETCカードは発行されていますので上手く利用すると陸でもマイルを貯める足がけになるかもしれません。

気になるマイルの付与ですがこれはANAカードの基本通り一旦はクレジットカードとしてポイントを貯めてからマイルに交換するというものになっています。これは学生カードに限った仕組みではないので理解しておきましょう。ポイントの獲得はJCBであれば独自のOkiDokiポイントを経由して、VISAやMasterCardであれば三井住友カードもポイントを経由して行われています。
ボーナスマイルに関してはどの国際ブランドでも同一のものとなっておりここに関しては選択に関して影響は与えないのものとなっていますので安心してください。海外旅行などで利用するのであればVISAを選択しておくのが最も無難だとは思いますが、学生が旅行で行くような地域は基本的に観光客を相手にしているお店も多くどの国際ブランドを選択しても現地で利用できるのが基本となっています。

また学生カード独自の付帯特典としてスカイメイト割引と呼ばれるものが用意されています。こちらの付帯特典を利用するとANAのフライトを学生限定の割引価格で利用できるような仕組みとなっており年会費無料でマイルも貯めながらフライト自体も割引で利用できるものということになります。フライト自体は割引料金となるので獲得マイルも減少するように考える方も居るとは思いますが、なんと運賃が割引になっても獲得可能なマイル数は通常料金の場合と同様のものなのです。こういったことを踏まえてもいかに学生限定カードが優遇されているかが分かることでしょう。

ANA VISAカード<学生用>の特徴とは

学生の中にもANAカードを利用したい、という方は多いと思います。しかし、学生にとってクレジットカードを取得する、と言うものはどうしてもハードルに感じてしまうものですよね。審査落ちしてしまうのではないか、と思ってしまうわけです。
そういったかたは学生専用のクレジットカードに申し込む、ということがおすすめです。学生専用のクレジットカードに申し込むことで、圧倒的に審査にも通りやすくなるわけです。

こちらでは学生専用のANAカードであるANA VISAカード<学生用>について詳しくお話します。果たしてどのような特徴があるのでしょうか。

■ANA VISAカード<学生用>の特色とは?

・年会費がかからない

ANAカードというと、年会費がどうしてもかかってきてしまうものなのです。ですから年会費は覚悟しなければならないかと思いきや、ANA VISAカード<学生用>に関してはかかりません。
初年度年会費もかからなければ2年目以降もかからないわけです。要は在学中は年会費を支払う必要がない、ということなのです。

・ボーナスマイルあり

入会時に1,000マイルのボーナスマイルがもらえます。
カード継続ごとに1,000マイルのボーナスマイルが獲得できます。

さらに搭乗区間ボーナスもあります。区間マイルプラス10%のボーナスマイルがもらえる設定となっているわけです。

ANA JCBカード ZEROの特徴とは

少し珍しいタイプのANAカードがあります。しかし、魅力あふれるカードとなっているので、その中身をしっかりと確認しましょう。

こちらでは、ANA JCBカード ZEROというANAカードについて徹底調査してみます。どのような特徴があるのでしょうか?

学生にも使ってもらいたいANAカード

最近はどこのクレジットカード会社も学生向けのクレジットカードや学生専用のクレジットカードを発行するようになってきました、ANAカードにおいてもこの流れに沿ってANAカード学生用と呼ばれるものとANA JCBカード ZEROと呼ばれる若者をターゲットとして年会費を無料にしたものを提供しています。今回はこの中でも学生に利用してもらいたいため学生専用のANAカード学生用についてその魅力をご紹介していきたいと思います。

まずANAカード学生用の一番の魅力というのが年会費無料でANAカードが手に入るということでしょう。ANAカードの一般カードでも年会費は2160円必要となってしまいますのでこれが無料となるのは嬉しい特典です。本来は1242円の年会費が必要となることにはなっているのですが、在学中であれば無料ですので実質的には年会費が無料のANAカードということになります。
年会費は無料なのですが付帯されているマイルサービスについては一般カードに近いものとなっています。毎年のクレジットカード継続ボーナスに関しては1000マイルが付与されますし、クレジットカードポイントからのマイル交換に関しても5マイルコースと10マイルコースの両方から選択できるようになっています。ANAカードは一旦ポイントを貯めてからマイルに交換するタイプのクレジットカードですが、このポイントの貯まり方自体は一般カードと変わりありません。またマイルの交換についても5マイルコースが基本となっており、年会費をさらに支払うことによって10マイルコースと呼ばれる通常の倍のマイルが獲得できるコースへ切り替えることも可能です。ANAカード学生用に関しては年会費が無料ですので10マイルコースを利用するのであればこの手数料だけを支払う必要があるということになるのです。

また学生用独自のマイルサービスも用意されています。大きく分けて二つのボーナスがあり一つ目はANAプレミアムポイント呼ばれるポイントを貯めることによってマイルが付与されるものです。このANAプレミアムポイントはANAの利用によって貯まるポイントであり、利用区間や利用した座席のクラスなどを踏まえて算出されるものとなっています。このボーナスでを利用すると最大で3000マイルが獲得できるようになっています。二つ目は卒業後のボーナスです。学生用のクレジットカードを終えて一般カードのANAカードに切り替えるときに2000マイルが付与されるようになっています。

ANAカードファミリーマイル使っていますか

家族でANAカードを別々に所有しているという方も居るのではないでしょうか。家族カードを利用できるのであれば利用するほうが良いこともありますが、特典面を踏まえると個別にANAカードを所有している方がお得となることも多々あります。

ですが個別にANAカードを所有していると気になるのがマイルの貯まり具合です。自分ひとりではなかなかマイルが貯まりにくいということもあり、家族で合算できればそれなりに利用できるのにと思うこともあるでしょう。そんなときに活用したいサービスがANAカードファミリーマイルです。こちらのサービスを利用すれば家族でマイルをお得に利用できるのですね。

ANAカードファミリーマイルは簡単に説明すると家族で貯めたANAマイルを家族カードで無くとも共有して利用できるようにするサービスです。しかも全てのマイルを一括で利用するのではなく必要な分だけを特典に交換することが出来るようになっているので個々での利用も可能となっているのが嬉しいポイントですね。

■ANAカードファミリーマイルの使い方
ANAカードを利用している家族が居ることは自動的には認知されませんので登録が必要となります。登録に関してはもちろんANAカードが必要となり、本会員の中からプライム会員と呼ばれる代表者を選択する必要があります。このプライム会員が特典の利用手続きをすることになりますので一番利用する方を選択しておくのが良いでしょう。

プライム会員が決定すればそれにぶら下がる形で子会員の設定が可能となります。子会員は生計を一にするなどいくつかの条件を満たすANAカード会員を最大で9名まで設定することが可能です。設定などの手続きはプライム会員が対応することになりますのでその点は理解しておいてください。

■交換できる特典
ANAカードファミリーマイルでは全ての特典を利用可能となっているわけではなく、一部利用できない特典が発生してしまいます。利用できる特典としては以下のものがあります。
・ANA国内線特典航空券
・ANA国際線特典航空券
・ANA国際線アップグレード特典
・提携航空会社特典航空券
・ANA SKY コイン
これら以外の特典には残念ながら利用することが出来ません。他にもお得な特典はあるので少し残念な気もします。ただ、これだけの特典に利用できれば十分な印象もあります。利用可能な特典が限られていることも把握しておくことが大切となるでしょう。

ANA VISA Suicaカードの特徴をチェック!

ANAカードは数多くあります。その中で優秀な物を見つけ出す、ということは容易ではありません。他人には良いANAカードであったとしても、もしかすると自分にとってはあまり良くないANAカードかもしれないわけです。

こちらではおすすめのANAカードとして「ANA VISA Suicaカード」についてお話します。果たしてどのような特徴を持っているクレジットカードなのでしょうか。

・ANA VISA Suicaカードの特徴がこれだ!

Suicaチャージでマイルが獲得できる、といったメリットがあります。ANA VISA Suicaカードは電子マネーのSuicaがついているわけですが、利用するときに自動チャージされる設定となっているのです。そのチャージをされるときには、嬉しいことにマイルの獲得ができるわけです。

年会費はかかってきます。しかし、2,000円と少額なので特に損することはないでしょう。様々な機能があるカードなので、2,000円程度はすぐに取り戻せます。

カードを利用して獲得したポイントですが、実は推移カニ交換できます。Suicaをよく使っている、という方には非常にありがたい設定とん待っているわけです。ためたポイントが無駄になるようなこともありません。ちなみにiDに交換することも可能です。様々な使いみちがあるわけです。

■ANA JCBカード ZEROの特徴とは?

・年会費がかからない

初年度年会費も無料で、2年目以降の年会費も無料の設定となっています。年会費が永年無料のクレジットカードなのです。
ETCカードも追加発行できますが、そちらも年会費がかかりません。圧倒的にお得なクレジットカードとなっているわけです。

・年齢制限があるクレジットカードである

ANA JCBカード ZEROに関しては、年齢制限が設けられています。29歳以下限定のヤング系クレジットカードとなっているわけです。

年会費は最大で5年間無料となっています。その後はANAカードへの切り替えが行われます。自動切り替えとなるので注意してくださいね。

・ボーナスマイルあり

ANA JCBカード ZEROは年会費がかかりませんが、ボーナスマイルがもらえます。搭乗ごとに基本区間マイルに+10%のマイルがもらえる設定となっているのです。マイルをたくさんゲットしたい、と考えている方は積極的にボーナスマイルを獲得していきましょう、ANA便によく乗る、という方はザクザクマイルが溜まっていく可能性もありますよ。