ANAカードの魅力を再確認しておこう

ANAカードの魅力

ANAカードの魅力の一つとして挙げられるのが世界最大の航空連合と言われている「スターアライアンス」に加盟しているということでしょう。加盟数が多いことによってはANAマイルは使い勝手が非常に良いものとなっているのですね。日本に乗り入れている海外の航空会社との提携も年々多くなっていますので幅広くマイルを貯めていけるような状況も作られています。

さて、ANAカードはマイルの使い勝手の良さも魅力的ですが何よりも魅力的なのが他のクレジットカードよりもマイルが多く貯まるようになっていることです。年会費が必要なクレジットカードとはなっているのですが、ボーナスマイルがそれなりに充実していることによってフライトなども並行して利用していれば簡単に年会費以上のマイルを獲得することが可能です。ただANAカードの特徴としてショッピングなどで貯める場合は一旦ポイントを貯めてそれをマイルに交換するという仕組みになっています。マイルへの交換は通常0.5%相当の還元となっており手数料を支払って高還元率へ切り替えると1%相当の還元率となります。ショッピングなども利用してANAマイルを貯まるときはこの手数料も年会費として考える必要があるのですね。これを踏まえてもフライトで貯まるマイル数が多いためお得に使えるのも魅力的です。

ANAカードの魅力としてボーナスマイルが多く付与されるというものがあるのですが、このボーナスマイルについても自分のクレジットカード利用回数やフライト利用回数などによって選択肢が多く用意されているのも嬉しいところです。基本となるANAカードからゴールドカードやプラチナカード、そして交通系電子マネーのSuicaが付帯されているものも用意されています。ANAカードだからフライトを利用しなければ意味が無いと考える方が多いと思いますが、全く利用しないのであれば確かに勿体無いですが年に1回でも利用すれば十分お得なANAカードも用意されています。また逆に年に3-4回利用しなければお得とはならないものの、それ以上利用するのであれば一般カードよりも遥かにマイルが貯まるようになるワイドゴールドカードと呼ばれるシリーズも用意されています。これだけの選択肢があるのもANAカードの魅力の一つなのです。

ANAカードはマイルが貯まることが一番の魅力ですしスターアライアンス加盟会社ということで利用範囲も広いです。自分にあったANAカードを見つけてより魅力的に使ってもらいたいと思います。

ANAカードの年会費

年会費無料のクレジットカードも数多くあるのですがANAカードはどれも年会費が必要となってしまいます。例外的にANAカード(学生用)として発行されているものは在学中は年会費が無料となっています。これは世の中的に学生カード=年会費が無料という認識が高まっているのでその流れでしょうか。

年会費が必要なクレジットカードとはいえどもANAカードは比較的低価格な年会費の設定となっています。ANAカードの中でも一般カードに分類されるものであればVISA/MasterCard/JCBのような一般的な国際ブランドであれば2160円に設定されています。これぐらいの年会費であればそこまで躍起になるほどの金額でも無いと思いますし、何よりもフライトを一回でも利用すればこの年会費以上のマイルが付与されますので十分な価格設定と言えるでしょう。アメリカン・エキスプレスだけは国際ブランド的な価値やサービスも付与されますので年会費は7560円となってしまうのですが、ここにはマイルを貯めるという意味だけではなくアメリカン・エキスプレスのサービスを年会費を支払ってでも活用してもらいたいという思いがあるようです。
また少し年会費を高くしたワイドカードと呼ばれるシリーズも用意されています。こちらも一般カードなのですが年会費が高くなってしまう変わりに、フライトによって付与されるマイル数が一般カードよりも多くなっています。年会費は7830円となっていますので少し高く感じてしまうかもしれませんが、フライトを年に何回も利用するのであればこちらを利用している方がマイルの獲得数はずっと多くなるように設計されています。逆にこちらのANAカードではフライトを年に1-2回使うのでは少し勿体無いものとなってしまいます。

またゴールドカードも用意されておりこちらは相場よりも少し高めの15120円という年会費が設定されています。最近のゴールドカードは年会費が10800円のものが普通となっており、これよりも安いものもありますのでANAカードは少し高いように見えてしまいます。ですが、ゴールドカードに関してもボーナスマイルなどを利用すると年会費は実質無料に近いものになりますのでANAカードらしくフライトを利用すればこの年会費も気にならないでしょう。

年会費が気になるのはプラチナカードだとは思います。ANAカードでプラチナカードとして発行されているものは相場よりも年会費が高いものも存在しています。こちらはANAカードとしだけではなく、プラチナカードとして付帯サービスを十分に活用することが期待されているのでしょう。

ANAカードのマイルシステムを理解する

ANAマイルはフライトを利用して貯めるのはもちろんのこと、ANAカードによるショッピングでも貯まるようになっています。ただANAカードに関しては他の航空系クレジットカードとは異なった仕様となっており、直接ANAマイルが貯まるものではありません。一旦は各クレジットカード会社固有のクレジットカードポイントが付与され、これをANAマイルに交換するような仕組みとなっています。このマイルの交換レートに少し差があるのですね。ちなみクレジットカードポイントが貯まる仕様となっていますのでANAカードといえどもマイルに交換する以外の選択肢も用意されています。
ポイントの有効期限自体もクレジットカードによって少し異なっており一般的には2年となっていますが、ものによっては3年となっていますし特定の条件を満たすと無期限になったりもしますのでここがマイルの有効期限を実質的には左右します。

さて、ANAカードで貯めたポイントをANAマイルに交換するためにはクレジットカード固有のマイル移行プログラムを利用しなければなりません。これは所定の年会費(手数料)を支払うことによってクレジットカードで貯めたポイントをマイルに交換するものとなっています。ANAカードはこの作業が発生してしまうぶんだけ少し手間となるのですが、逆にポイントを交換するタイミング次第でマイルの有効期限を調節することも可能ですのでメリットもデメリットもあると言えるでしょう。ポイントをマイルに交換するためのプログラムは2種類に分かれ5マイルコースと10マイルコースと呼ばれています。

基本的なANAカード 一般カードには無料で5マイルコースが付与されています。つまり1ポイントに付き5ANAマイルと交換することが出来るのですね。このレートであれば手数料は追加では必要ありません。これを1ポイントに付き10マイルの10マイルコースに変更するとJCBであれば2000円+税がそれ以外のブランドであれば6000円+税の手数料が必要となります。6000円の手数料が必要となると少し負担が大きいように感じるかもしれませんが、JCBよりもポイントが少し貯まりやすいのでそこでバランスが取られていると思われます。
一般カードであれば自分で付帯しなければならないのですがプレミアムやワイドゴールドカードに関しては年会費が高いこともあり初めから10マイルコースが付帯されています。10マイルコースの事も考えるとワイドゴールドカードを利用するのが一番安くマイルを貯めることが出来る気もします。

ANAカードの維持費を抑えたい方へ

ANAカードには色々な種類が存在しており、それぞれに独自の機能なども用意されています。その中で注目したいのが年会費をできるだけ抑えてANAカードを持てるというものです。ANAカードは学生向けのものを除くとどれも年会費が必要となりますのでなるべくなら安く持ちたいですよね。マイルを貯めながらも年会費を抑えることが出来るANAカードはどれなのでしょうか。

ANAカードの中で私が最も年会費を抑えて持つことが出来るものとしておすすめしているのが「ANA VISA Suicaカード」と呼ばれるものです。ANA一般カードの仲間ですのでこちらのクレジットカードも基本的な年会費は2160円に設定されています。ちなみに現在は初年度無料となっていますので少しお得に持つことが出来るANAカードの1つです。
三井住友カードが発行するこちらのANAカードは特定の条件を満たすことによって年会費の割り引きを受けられるものとなっているのです。年会費割り引きの条件は下記のいずれかどちらかとなっており

・WEB明細サービスを利用すれば翌年度から年会費が1620円
・マイ・ペイすリボに登録して年間1回でも利用すれば年会費が810円

の2種類です。手軽に年会費の割り引きを受けるためにはWEB明細サービスを利用するのが良さそうですね。これは年会費の割り引きを意識しなくとも利用されているかたも多いと思いますが、明細を郵送せずに専用WEBサイトから確認するというものです。郵送などのコストが削減されますのでその分年会費から割引してくれるような仕組みとなっているのです。どうしても紙で欲しいという方で無ければこのWEB明細サービスを利用しておくのが一番おすすめです。どうしても明細が必要なときに都度申請するか毎月送られているほうがいいのかは個人差となるでしょう。
もう1つの大きな割り引きはマイ・ペイすリボと呼ばれる三井住友カードが提供するリボルビング払いサービスを利用するというものです。リボルビング払いなんて損をするのでは無いかと思うかたが多いと思いますが、マイ・ペイすリボでは毎月の支払金額を自分で設定できますのでリボルビング払いとはいえども毎月全額を支払うことが可能です。この全額支払いとして毎月の支払いを済ませることによってリボルビング払い手数料は発生しませんし実質的には一回払いとなります。毎月の利用金額によって少し支払金額の修正をする手間が発生するかもしれませんが、年会費を一番安くできるANAカードとなっています。

■ANAカードは家族カードとファミリーマイルも使いこなせ

ANAカードも通常のクレジットカードと同様に本会員よりもオトクな年会費で家族カードが所有できるような仕組みが用意されています。家族会員は少しボーナスマイル面など劣ってしまう部分はありますが年会費が安く抑えられていることを踏まえると非常にオトクなものと言えるでしょう。そのためANAカードを利用されている方の周りには家族カードを利用されている方も多くいるのが現状です。
このANAカードの家族カードであれば貯めたマイルを本会員が共有することもできますし、クレジットカードの利用代金も本会員に自動的に請求されますので総合的に利用しやすいものとなっています。個人だけではなかなかクレジットカードの利用にも限度があると思いますし、フライトの利用によるマイルの獲得にも限界があるでしょう。しかしながら家族カードを利用すれば自分だけで利用するよりも遥かにマイルが貯まりやすいのはみなさんも想像に難くないと思います。

そしてこの家族カードと同様にANAカードを家族で使いこなすのに重要なシステムが「ANAカードファミリーマイル」と呼ばれるシステムです。こちらのシステムは家族カードだけではなく、家族のうち本カードを利用している本会員でも一つのマイル口座として利用することが出来るものとなっています。個人だけではマイルの獲得数が足りていなくとも所定の手続きを踏んだ家族内であればマイルを共有することができますので、指定された会員であれば家族分のマイルをまとめて利用することが出来るのです。
ANAカードファミリーマイルを利用するには年会費無料の手続きをする必要があります。手続きとしては簡単なもので誰がプライム会員と呼ばれるANAマイルの管理者になるのかを決定するだけです。家族の全員が自由にマイルを利用することが出来るのではなく、プライム会員と呼ばれる一人の会員がまとめてマイルを利用できると考えていただいたほうが分かりやすいでしょう。本来ならば直接関係の無い家族であるけれども別々の個人カードを所有している場合でも、これを利用すれば誰かが獲得したマイルをまとめて利用できるようになるのです。

プライム会員となれるのはANAカードの本会員に限りますがファミリー会員に関してはANAカードの個人本会員と家族カード保有者が含まれています。またANAマイレージクラブカードを所有している方もファイル会員となることは可能です。家族のマイルをまとめることでより効率よくお得に利用してもらいたいところです。