ANAマイルが貯まるのはANAのクレジットカード

ANAカードとはどういったクレジットカードか

皆さんは全日空を利用されることはありますか。日本の航空会社として有名な全日空はANAと呼ばれ独自のクレジットカードを発行している会社としても知られています。そのクレジットカードはANAカードと呼ばれ全日空を利用する方であれば必ず持っておきたいクレジットカードの一つともなっているのです。
なぜそこまでANAカードがおすすめなのか気になりますよね。今回はANAカード初心者の方でも分かるANAカード魅力についてご説明していきましょう。

■マイルが貯まる とにかく貯まる
ANAカードがおすすめである理由は何と言ってもANAマイルが非常に貯まりやすいということでしょう。年会費が必要なクレジットカードではあるのですが、基本的には1-2回ANAのフライトを利用すれば年会費が取り返せるような仕組みとなっています。一部のプラチナカードなどはマイル面だけでは年会費を取り戻すことが出来ないですが、こういったクレジットカードともなるとマイルを貯めることだけではなく様々な付帯サービスに期待しているものと思われますのでこういった部分も考慮すると実質的にはマイルで年会費分を得ていると考えることも出来るでしょう。
フライトでのボーナスはもちろんのこと、日々の買い物でもマイルは貯まるようになっています。メインカードとして利用すれば年間でかなりのマイルが貯まるようになっているのがANAカードの特徴です。

■ANA関連のサービスが割引で受けられる
ANAは飛行機の利用はもちろんのこと、それに関連して多様なサービスを提供している会社でもあります。例えば飛行機に乗るのであればANAが設置しているお土産屋さんがありますし、フライトを利用していれば機内販売も割引価格で利用することが可能です。
またANAグループ全体で見たときには国内ツアーや海外ツアーの利用も割引を受けることが可能です。こちらは専用の会員サイトから申し込みをしてANAカードで決算すれば良いだけですので手間もかからず簡単なものとなっています。またツアーではなくともANA系列のホテルを利用する場合も割引を受けられる仕様になっていますのでホテルだけで良いときはこちらをお得に利用したいですね。

■電子マネーも付帯されている
最近はクレジットカードに電子マネーが付帯されていることが多くなり、ANAカードにも付帯されています。利用できる電子マネーは限られているのですが一部の電子マネーではチャージに関してもマイルの還元がありますので電子マネーユーザでも使いやすいクレジットカードです。

■ANAカードの年会費|ANA VISA ワイドカードの場合

ANAカードは使い勝手抜群です。ANAマイルが獲得出来るなどの特徴があるわけですが、問題となってくるのが年会費。
こちらではANAカードの一つである、ANA VISA ワイドカードの年会費についてお話します。実際にどの程度の年会費設定となっているのでしょうか。確かめてみましょう。

■ANA VISA ワイドカードの年会費について

・7,830円!

ANA VISA ワイドカードは年会費がかかるクレジットカードです。年会費無料のカードが利用したい、という方には適していませんが、年会費がかかる分だけしっかりとしたサービスを兼ね備えているので、その点は特に問題ありません。

年会費については、8,000円弱程度の設定となっています。それほど高額というわけではありませんが、カードをしっかりと使いこなさなければもったいないので、やはりANAマイルをしっかりと貯めたい、という方である必要があります。

・初年度から年会費がかかってくる

ANA VISA ワイドカードの年会費は、7,830円ですが初年度からかかってくる、という特徴があります。
最近では、初年度年会費無料というカードも多くなりました。しかし、ANA VISA ワイドカードは最初から年会費がかかってくるのでしっかりと理解しておかなければなりません。

・ETCカードの年会費について

ANA VISA ワイドカードはETCカードも発行できるわけですが、その年会費もかかります。年会費は540円の設定となっています。

■ANAカードのボーナスマイル|ANA VISA ワイドカードの場合

ANAカードを利用するということは、やはりANAマイルの獲得をしたい、といった気持ちがあると思います。そのANAマイルですが、ANAカードであればボーナスマイル、というものが獲得できるケースが多くなっているわけです。

今回はANA VISA ワイドカードの場合のボーナスマイルについて詳しくお話します。実際にどの程度の設定になっているのでしょうか。高額のボーナスマイルが獲得できるのでしょうか。確認してみましょう。

■ANA VISA ワイドカードのボーナスマイルはどのくらい?

・入会時のボーナスマイル

2,000マイルがボーナスマイルとしてもらえます。ですから、初年度にかかってくる年会費については、一定金額は戻ってくる、といった理解もできるわけです。入会時のボーナスマイルが2,000マイルというのもかなり高額なのでお得です。

・カード継続ごとのボーナスマイル

ANA VISA ワイドカードは毎年ボーナスマイルがもらえる設定となっています。毎年2,000マイルがボーナスマイルとなっているので、入会時だけにマイルが獲得できるわけではありません。

・区間ボーナスマイルにも注目

ANA VISA ワイドカードのボーナスマイルですが、登場した場合にももらえる設定となっています。区間マイルに対して、+25%のボーナスマイルの設定となっているのです

■ANAカードの獲得マイル|ANA VISA ワイドカードの場合

せっかくANAカードを利用するのであればANAマイルを獲得していきたい、と思うものですよね。今回は、ANAカードの一種であるANA VISA ワイドカードの獲得マイルについてお話します。実際にどの程度のマイルが獲得できるのでしょうか?たくさんのマイルを獲得できるのでしょうか?確認してみましょう。

■フライトや提携店でのショッピングで獲得できるマイルについて

・100円につき1マイルの獲得が可能

フライト利用や提携店でのショッピング利用でマイルが獲得できます。そのマイルの獲得率ですが1%の設定となっているのです。
100円の利用で1マイルの獲得となっているので、おもったよりも貯まり具合は早くなっています。
例えば、30,000円利用すれば300マイルが獲得できるわけです。定期的にフライトや提携店でのショッピングに利用していれば、マイルがザクザク溜まっていく感覚になります。

■Edyの支払いでもマイルが貯まる!

・Edyの支払いのマイル獲得率

0.5%の設定となっています。200円につき1マイルの設定となっているのです。注目してほしいのが、Edyの提携店でもマイルが貯められるチャンスが有る、という部分です。電子マネーの利用でもマイルをたくさんゲットしていきたい、という希望を持っている方も非常に多いと思います。そういった方は、積極的にANA VISA ワイドカードを利用しましょう。

■ANAカードの優待サービス|ANA VISA ワイドカードの場合

クレジットカードには様々な優待サービスがあります。その優待サービスをしっかりと楽しんでいく、ということがカードとの上手い付き合い方となるわけです。せっかくオトクな優待サービスがあるので有効活用しない、というのはもったいないことでもあります。

こちらではANAカードの一つであるANA VISA ワイドカードの優待サービスの中身について詳しく解説します。実際にどのような設定になっているのでしょうか。お得な優待サービスが本当に有るのでしょうか。確かめてみましょう。

■お得な割り引きシステムあり

・ANAスカイホリデー・・・5%OFF
・ANAハローツアー・・・5%OFF
・ANA SKY WEB TOUR・・・5%OFF

上記したようなツアー系の料金が5%オフで利用できるのです。旅行代金と言えば、かなり高額になってしまうことがほとんどだと思います。10万円を超えることも少なくありません。それらの旅行代金が、なんと5%もオフになるわけです。
例えば、10万円の旅行代金であった場合には5,000円も割り引きしてもらえる計算です。その分おみやげを充実させる、といったことも出来るでしょう。

・国内線機内販売・・・10%OFF
・国際線機内販売・・・10%OFF

機内販売しているものを購入する時にANA VISA ワイドカードを利用すると1割引きとなります。高率の割り引きにもなるので非常に大きなメリットがある、といっても過言ではありません。

■ANAカードの国際ブランド|ANA VISA ワイドカードの場合

クレジットカードを利用する時に注目すべきなのが国際ブランドです。クレジットカードにはいくつかの国際ブランドがあります、そのブランドによって使い勝手が良かったり悪かったり、ということがあるのです。少しでも使い勝手の良いブランドを探して利用する、ということが大事になります。

こちらではANAカードの一つであるANA VISA ワイドカードにはどのような国際ブランドが用意されているのか、ということを明らかにしていきます。

■ANA VISA ワイドカードの国際ブランドとは?

・VISA
・MasterCard(マスターカード)

上記の二つのブランドから選択する事になります。
どちらのブランドのほうが良いのか、ということで頭を悩ませてしまう方も多いと思います。しかし、どちらを得選んでもそれほど大きな違いはない、と言っても過言ではありません

そもそも加盟店がとても多いので、使い勝手が抜群なのです。国内利用だけではなく、海外利用も問題ありません。海外でも最も使いやすいとされている国際ブランドの二つなのです。

ちなみにVISAもMasterCard(マスターカード)もインターネット通販で利用しやすい、といった状況になっています。通販で買物をする機会が多い、という方にもANA VISA ワイドカードはおすすめですよ。

■ANAカードの家族カード|ANA VISA ワイドカードの場合

クレジットカードを利用するときですが、家族カードについてしっかりと注目していくことが必要になります。家族カードを有効活用できるかが、クレジットカードとの付き合い方を左右するようになるわけです。

問題は自分が利用したいクレジットカードに家族カードがあるのか、という部分です。仮にない場合には家族カードは利用できないことになってしまいますよね。

今回はANAカードの一種であるANA VISA ワイドカードの家族カードについてお話します。

■ANA VISA ワイドカードの家族カードの特徴とは?

・そもそも家族カードはあるの?

家族カードはあります。しっかりと用意されているので安心して利用できる、といった特徴を持っているわけです。

・年会費はどのくらいかかるの?

1,620円となっています。
本人年会費に関しては7,830円の設定となっているので、家族会員年気合費のほうが圧倒的にお得になっていることがわかります。さらに、マイ・ペイすリボに登録し年に1回以上利用すると567円の年会費割り引きが受けられます。

・家族会員になるための条件とは?

まずは本会員と生計を同一にしている必要があります。さらに配偶者や両親、そして18歳以上の子供であることが必要です。特に家族会員の条件いついては厳しいものではありません。