ANAカードと電子マネー

実はANAカードにはそれぞれ電子マネーが付帯されていることに気づいていましたか。ANAカードですのでマイルを貯めることばかりに注目してしまうかもしれませんが、公式webサイトのANAカード紹介を見てもそれぞれのANAカードに様々な電子マネーが搭載されています。これらの電子マネーは利用の仕方によっては非常にお得に使えるものですので、クレジットカードがあるのだから電子マネーなんて使わないのではと決めつけては勿体無いものなのです。

なんといってもANAカードの中で注目したい電子マネーはSuicaでしょう。交通系電子マネーの中では日本で最も普及しているものとなっていますし、交通面でも買い物面でも利用できる優れものの電子マネーです。ただ、Suicaに対応しているANAカードはANA VISA Suicaカードしか存在していないというのが少し難点です。他にもSuicaに対応していても良いのではないかと思うことは多いのですが、今のところこちらのANAカードだけがSuicaに対応しています。こちらのANAカードを利用すればSuicaにチャージするときにもポイントが貯まりますしSuicaの利用でもポイントが貯まります。基本的に交通費はクレジットカードで支払いにくくポイントを取りこぼしてしまいやすい部分ですのでSuicaになるべく集約することによってポイントの取りこぼしを減らすことが出来るでしょう。

純粋な電子マネーとして普及度を踏まえて選ぶとしたら楽天Edyが一番利用しやすい電子マネーだと考えられます。今のところ楽天Edyに対応しているANAカードは17種類も発行されておりANAカードの半分以上は楽天Edyに対応しているということになります。一般カードではもちろん対応してますしワイドカードであってもワイドゴールドカードであっても楽天Edyに対応しているのは選択肢の幅が広がって非常に嬉しいことではないかと考えています。
ただ、電子マネーは搭載されているものの楽天Edyのチャージに対してポイントが付与されるのはJCBが発行するワイドゴールドカードとプレミアムカード、そしてダイナースクラブが発行するANAカードのみとなっています。半分以上のANAカードには楽天Edyが付帯されているのにも関わらずVISAブランドやMasterCardブランドではポイントはつかないのですね。電子マネーを利用してポイントの二重取りを考えいるのであればJCBブランドを利用するのが良いでしょう。ダイナースクラブとANAカード

■ANA系クレジットカード「ANA VISA Suicaカード」の年会費に注目

ANAカードは種類が豊富です。どれが良いのか迷ってしまっている、という方の悩みもよく聞きます。そこで今回は、特に人気の高いANAカードであるANA VISA Suicaカードについてお話します。
どのような特徴を持っているクレジットカードなのでしょうか。1つずつ解説して、ANA VISA Suicaカードを丸裸にしていきます。

まずはANA VISA Suicaカードの年会費についてお話しますね。

ANA VISA Suicaカードの年会費ですが、非常にお得です。ANAカードは年会費が高くついてしまうようなイメージもあると思います。しかし、ANA VISA Suicaカード似関しては年会費が低めに設定されているのです。初年度年会費は、無料の設定となっています。2年目以降の年会費は2,160円となっています。2年目以降であったとしても2,000円程度なので、それほどおおきな負担になるとはいえません。
そもそもボーナスマイル特典もしっかりとあるのです。年会費分もすぐに取り戻せるタイプのクレジットカード、と言っても街外ではありません。もちろん、マイルもしっかりと貯まっていくクレジットカードなのです。

年会費がなるべく低いクレジットカードを利用したい、といった希望を持っている方は必見です。年会費の完全無料なカードではありませんが、1年間は年会費がかからない、といったメリットには注目すべきです。

■ANA系クレジットカード「ANA VISA Suicaカード」のポイント還元率に着目

ANA系クレジットカードを利用する前に注目しておきたいのがポイント還元率です。やはり、ANA系のクレジットカードを利用するとなると、ANAマイルの獲得、ということを考えてしまうと思います。少しでも有利な条件でマイルがゲットできるカードを利用したいですよね。

しかし、カードによってもポイント還元率は微妙に変化しているのです。還元率が有利なカードもあれば、不利なカードもあります。
こちらではANA VISA Suicaカードのポイント還元率に注目してみました。実際にどの程度の設定となっているのでしょうか?

ANA VISA Suicaカードのポイント還元率は、0.5%の設定となっています。それほど高いとはいえませんがマイルの還元率も同じく0.5%の設定なので、ポイントを損することなくマイルへの交換ができる、といった特徴のあるクレジットカードなのです。
クレジットカードのポイント還元率は高かったとしても、マイルへ交換するとポイント還元率が下がってしまう、というクレジットカードも少なくありません。そういったカードとは一線を画しているのがANA VISA Suicaカードなのです。
ちなみに1ポイントあたり5マイルの獲得となります。2,000ポイントあれば10,000マイルと交換できるのです。

■ANA系クレジットカード「ANA VISA Suicaカード」のSuica機能について

ANA系のクレジットカードであるANA VISA Suicaカードの最大の特徴といえばSuica機能があることです。Suicaを定期的に利用している、というかたも多いのではありませんか?Suicaを定期的に利用することで、素晴らしい結果も得られるようになっていくわけです。

Suica機能があるカードを定期的に利用することができれば、支払いも随分と楽になります。より多くの支払いで現金レスな生活を遅れるようになるのです。

今回はANA VISA SuicaカードのSuica機能についてお話しますね。

ANA VISA Suicaカードですが、クレジットカードの機能があるだけではありません。マイレージサービスとSuica機能がある1枚で3役もあるクレジットカードなのです。コンビニエンスストアの支払いにもSuicaが利用できます。最近ではSuica機能のある自動販売機もありますよね。様々な支払いにSuicaが利用していけるわけです。

もう一つ注目してほしいのがマイルからのSuicaへの交換です。ためたマイルをSuicaに交換することも出来るようになっています10,000マイルを貯めていた場合は、10,000円分のSuicaに交換することが出来るのです。マイルでそのまま利用したほうがお得かもしれませんが、細々とした買い物をする機会があるのであれば、Suicaに交換してしまうのも一つの方法でしょう。

■ANA系クレジットカード「ANA VISA Suicaカード」のボーナスマイルについて

ANA系のクレジットカードの特徴といえばボーナスマイルがあるでしょう。例えば、登録をするとマイルが貰えたり、契約を更新するとボーナスマイルが貰えたり、あとは初めての登場でマイルが貰えたり、といったシステムが有るカードが多くなっているのです。

今回はANA VISA Suicaカードとボーナスマイルの関係性に迫ります。実際に、どの程度のボーナスマイルを獲得できるのでしょうか。ほとんど確認できないのでしょうか。ANA VISA Suicaカードの実態に迫ります。

ANA VISA Suicaカードですが、入会時に1,000マイルが獲得できます。さらに更新ごとに1,000マイルの獲得も出来るのです。区間基本マイレージのボーナスにも注目しましょう。
ANA VISA Suicaカードは一般カードなので、ボーナスマイルの率もそれほど有利とはいえませんが、区間基本マイレージに10%のプラスしたマイルが貰えるのです。乗ったら乗ったぶんだけ多くのマイルが獲得できるようになるので、やはりANAユーザーにはANA VISA Suicaカードが欠かせません。

ちなみにフライトや提携店でのショッピング利用でもマイルは獲得可能です。100円につき1マイルの獲得となっているので、注目しましょう。他にもEdyへのチャージや支払いでは200円につき1マイルの獲得が可能です。

■ANA系クレジットカード「ANA VISA Suicaカード」のマイルへの移行について

ANA系クレジットカードを使いこなしていくのであれば、マイルの移行、というものに注目しなければなりません。獲得したポイントをマイル並行する、という機会も多くなってくるわけです。そのマイルの移行に対してどのような特徴があるのか、ということは事前に把握しておくべきです、

今回は、ANA VISA Suicaカードのマイルへの以降に関する情報を徹底解説します。獲得したポイントのマイルへの移行を考えている、という方は必見ですよ。

ANA VISA Suicaカードを利用すると、ワールドポイントというポイントプログラムが貯まることになります。その獲得したポイントはANAマイレージクラブへの移行が可能になるのです。

獲得したポイントの交換については二つの選択肢があります。ポイントをANAマイレージや商品に交換できる応募方式がまずあります。
もう一つは獲得したポイントを自動的にANAマイレージに移行する、というものです。自動移行方式となっています。

どちらを利用したいと思ったでしょうか。わざわざ以降の手続きをするのが面倒、と思う方はANA VISA Suicaカードでは自動移行方式を選択しましょう。自動移行方式であれば、わざわざ手続きをしないでも、勝手にANAマイルへ移行してくれますよ。

ANA銀聯カードの特徴とは

ANAを定期的に利用している方にとって、ぜひとも利用したいのがANAカードです。こちらではおすすめのANAカードを6つ紹介していきます。どのような特徴を持ったカードが有るのでしょうか。中には知らないカードも出てくるかもしれません、白なカードにこそ大きな魅力が詰まっている、ということもあるわけです。

まずはANA銀聯カードに迫ります。どんなクレジットカードなのでしょうか?

■ANA銀聯カードの特色とは?

・中国での使いやすさ抜群

中国の国際ブランドとなっているのが銀聯です。中国国内では圧倒的なシェアを誇っており、様々な決済に利用できるわけです。
さらに中国に勢いを象徴するかのように、アジア圏で利用できる店舗がどんどんと増えてきているのです。日本国内でも一部の店舗で利用できるようになり始めています。

中国へ出張や旅行にいく機会が多い、という方におすすめしたいクレジットカードがANA銀聯カードです。

・発行条件がある

ANA銀聯カードは誰でも発行できるわけではありません。特定のクレジットカードを持っていることが条件になっているのです。
ANA VISAカード、ANAマスターカード、ANA VISA Suicaカードのいずれかを持っていなければなりません。要は、追加カードのような体裁をしているわけです。

・年会費がかからない!

年会費は無料です。
初年度も2年目以降もかかりません。