ブランド別ANAカードの紹介と、学生・若者向けANAカード

VISAブランドのANAカード

VISAと言えば全世界でクレジットカードのシェアがナンバーワンの有名国際ブランドですよね。日本では三井住友カードが発行していることはテレビCMなどで知っている方も多いのでは無いでしょうか。VISAブランドのANAカードも一般カードからプラチナカードまで用意されており選択肢の非常に広い国際ブランドとなっています。またVISA独自のANAカードとしては東日本旅客鉄道株式会社と提携したものが発行されています。

さて、三井住友カード発行しているVISAブランドのANAカードはワールドプレゼントと呼ばれるポイントシステムを利用してANAマイルを貯めるような仕組みとなっています。基本的にポイントシステムは1000円につき1ポイント貯まるのでマイルの還元率としては0.5-1%に設定されているのですが、年間の利用金額に応じて少しポイント獲得率が上がりますので実質的にはもう少し高い還元率となるでしょう。

その反面一般カードを利用したときの10マイルコースの手数料が6000円+税とJCBに比べると高額になってしまいます。この点は少し気になる部分ですね。ポイントが貯まりやすくなる反面、少し手数料が高くなってしまいますので年間のクレジットカード利用金額によっては他の国際ブランドを利用したほうがマイルの面では良いこともあるかもしれません。

しかし、なんといって世界で一番利用されているVISAですので付帯サービスは充実したものとなっています。三井住友カード独自のサービスも付帯されていますしVISAとしての付帯サービスも用意されています。こういったものを加味するとやはり年会費とポイントのバランスは妥当なのではないかと考えられるのです。ちなみにワイドゴールドカード以上になると10マイルコースへの手数料が必要となりませんので国際ブランドによる差はなくなります。気にするべきは一般カードとワイドカードなんですね。

またVISAを利用することで年会費を抑えることが出来るものもあります。特に私がおすすめしているのは「ANA VISA Suicaカード」を利用することです。一般カードに属しますので年会費は2160円となっているのですが、三井住友カードらしくマイ・ペイすリボなどを利用すると年会は最高で810円まで値下げすることが出来ます。ANAカードの中ではこの年会費が最低の水準ですので、節約して維持したいのであればこういった使いかたも1つの手段です。

JCBブランドのANAカード

クレジットカード会社として世界的にはまだそこまで大きなシェアがあるわけではないJCBですがANAカードに関しては一番多くの種類を発行しています。一般カードやゴールドカードはもちろんのことプレミアムも発行しておりお、交通機関と提携したANAカードも発行されています。
基本的にJCBが発行するANAカードはマイルに交換可能なOkiDokiポイントというものが貯まるようになっています。例外的にANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)に関してはPASMO利用で貯まるメトロポイントも貯まるようになっています。メトロポイントに関してもANAマイルと交換することが出来ますのでクレジットカードポイントと合わせてこちらも貯めて損はないものですね。

JCBが発行するANAカードは一般カード、ワイドカード、ワイドカード、プレミアムと全てのグレードに対応しています。日本国内で利用する分にはJCBでも何ら困ることはありませんのでこれだけのグレードが用意されていれば自分の用途にあったものが簡単に見つかります。しかもJCBはマイルを交換するために10マイルコースに入ったとしても年会費を抑えることが出来ますしお得な国際ブランドとなっています。
またJCBはANAカードの中で唯一の年会費無料カードであるANA JCBカード ZEROというものを発行しています。こちらは20代までの若者限定のANAカードとなっており機能は少し限られてしまうものの年会費無料で持つことが出来るものです。ただ最近は学生用カードが年会費無料キャンペーンを継続していますので学生の場合はJCBブランドのANAカード(学生用)を利用したほうが総合的な特典は多くなっています。学生以外の若者の方で試しにANAカードを持ってみたいと考えるのであればまずはZEROから利用するのも良いと思いますし、さらに利用するのであれば他のANAカードに切り替えるのも良いでしょう。

JCBブランドのANAカードは電子マネーにもそれなりに対応しているのも嬉しいポイントとなっています。一体型として楽天Edyが対象となっており、クレジットカードを利用して支払えるものにはQUICPayやPiTaPaも対応しています。先払い式の電子マネーと後払い式の電子マネー両方に対応していると嬉しいですよね。

JCBは日本発の国際ブランドということもあり安心感は高いです。マイルへの交換手数料も安めに設定されているのも他のブランドとの大きな差でしょう。

AMEXブランドのANAカード

ANAカードの中にはもちろんアメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードも発行されています。アメリカン・エキスプレスといえば付帯サービスが充実しているクレジットカードとして有名ではありますが、その反面年会費が他のクレジットカードに比べると高くなってしまうのが特徴となっています。ANAカードに関してもこの原則は基本的に踏襲されており他のANAカードに比べるとアメリカン・エキスプレスのANAカードは高いです。具体的にはどのような差があるのでしょうか。

まず年会費についてですが、ANAカード一般カードであればVISA/JCB/MasterCardであれば2160円に設定されています。しかしながらアメリカン・エキスプレスを利用すると年会費は7560円になってしまいます、いきなり3倍以上の金額になってしまうのですね。ゴールドカードではANAワイドゴールドカードが15120円なのに対して33480円とこちらも2倍以上の金額が設定されています。ゴールドカードの年会費相場としては1万円ですのでどれぐらいANAカードが付帯サービスに力を入れているのかが分かる価格設定と言えるでしょう。プラチナカードにいたっては年会費が162000円に設定されており、アメリカン・エキスプレスのプロパーカードよりも年会費が高くなってしまっています。ここまでn年会費となってくるとマイルを貯めるANAカードという意味でだけではなくステータス性を示すANAカードと捉えて活用することが大切となってきそうです。

ちなみに家族カードに関しては一般カードで2700円、ゴールドカードで16740円、プラチナカードは4枚まで無料で発行が可能となっていますのでこれもアメリカン・エキスプレスらしさが出ている部分だと思われます。

ANAカードをアメリカン・エキスプレスで所有することのメリットの一つとしてポイントの有効期限を無期限にすることが出来るというものでしょう。一般カードではポイントの移行コースに加入する必要がありますが、ゴールドカード以上であればこの機能は無料で付帯されてきます。この機能を利用してクレジットカードで貯めたポイントをANAマイルに移行するのですが、このポイント移行コースを利用しているとポイントの利用期限が無期限に設定されます。つまり好きなタイミングでポイトをマイルに交換することが出来ますので実質的にはマイルの有効期限が無期限ということになるのですね。マイルに交換してからの有効期限は基本的にどのANAカードでも2年で変わりありませんので長年貯めたい場合はポイントのまま保持しておくことをおすすめします。

学生向けANAカード

学生の皆さんはクレジットカードを利用されていますでしょうか。利用されている方でも旅行のことを考えて所有したりしているでしょうか。学生のように比較的時間もあり、部活動なども含めて移動や旅行があるような方はANAカードの学生用を利用することをおすすめしています。基本的には飛行機で移動する学生の皆さんにおすすめしたいクレジットカードなのですが、社会人になってからも引き続き一般のANAカードに切り替えて利用することが出来ますので早い段階からANAマイルを貯めるという使い方も出来ます。学生になってすぐに利用を始めれば卒業旅行などにも利用できますしANAカード学生用の魅力をご紹介します。

ANAカード学生用はJCB/MasterCard/VISAブランドで発行されています。そのため貯まるポイントとしてはOkiDokiポイントやワールドポイントなんですね。こちらのクレジットカード独自のポイントからANAマイルに交換する際は他のANAカードと同様に5マイルコースや10マイルコースを利用して曳航する流れとなっています。これは学生カードであっても同じですね。ただ実は学生カードには5マイルコースが存在しておらず、追加の手数料が無料で10マイルコースが利用できるような特典が付帯されています。もとよりANAカードの年会費も無料ですのでこれは非常にお得なサービスでしょう。JCBであってもその他を発行している三井住友カードであってもポイントボーナスなどのキャンペーンが定期的に行われています。このキャンペーンで獲得したポイントもお得にマイルに交換することが出来ますのでクレジットカードとしても積極的に利用したいのがANAカード学生用です。

続いてフライトで獲得できるマイル面ではとうなっているのでしょうか。まず毎年のANAカード継続で手に入るマイルが1000マイルとなっています。こちらは一般カードと同様の標準的なものですね。毎回のフライトに対して付与されるフライトボーナスに関しては10%となっており、こちらの一般カードと同等の設定となっています。これらのことを踏まえるとフライトで手に入るマイルに関しては一般カードと同程度のものを年会費無料で手に入れることが出来るのがANAカード学生用と言えるでしょう。

ANAカード学生用には直接的な運賃の割引であるスカイメイトサービスというのも付帯されています。いわゆる学割にあたるサービスであり、運賃が標準価格から2-3割、大きいものでは半分程度値引きされるサービスとなっています。これも学生だからこその割引ですので積極的にフライトを活用したいですね。

■20代専用のANAカード ANA JCB ZERO

最近はANAカードでも若者をターゲットとしたクレジットカードが発行されています。ANA JCB ZEROと呼ばれるこちらのANAカードは20代専用のクレジットカードとなっており、年会費無料でANAカードの良さを楽しめる驚きの一枚となっています。ANAカードは最も安い一般カードでも年会費が2160円に設定されているのですが、ANA JCB ZEROであれば年会費は無料。これだけでも維持費が必要のないという面で非常にオトクなクレジットカードの一枚です。
所有できるのは20代であっても最長で5年までと制限は付いていますが、ANAカードをまずは年会費無料で所有できることのメリットは大きいでしょう。ただ、その反面年会費と同額程度付与される毎年の継続ボーナスマイルが付与されませんのでその点は注意しておきたい部分となっています。

継続や入会に関するボーナスを除けば毎回のフライトで獲得できるマイルや、フライト時のボーナスマイルの獲得量については一般カードと変わらなものとなっているので年会費不要でフライトマイルを貯めることが可能となります。基本的にはフライトを利用してマイルを貯めてもらうことを目的としているクレジットカードでありショッピングを利用してのマイル獲得は少し性能が劣ったものとなってしまいます。一般カードであればクレジットカードの利用に関して獲得したポイントは通常の1ポイント5マイル交換と年会費5400円を支払って1ポイント10マイルに交換するものの2種類から選択できるようになっています。しかしながらANA JCB ZEROではポイントからマイルへの交換は前者しか選べないようになっており、追加の年会費を支払ってショッピングでマイルを多く貯めることはできないようになっています。
しかしながら、ANAカードマイルプラス加盟店では一般カード利用時と同様にマイルを貯めることができますので、ショッピングに関して全く特典が無いわけではありません。

この他にもANAカードに付帯されている電子マネーとして楽天Edyが用意されているなど基本的な部分は一般カードと同様のものとなっています。必要であれば別の電子マネーが付帯できるのも嬉しい特典では無いでしょうか。ただ最後に残念なのは航空系のクレジットカードながら旅行傷害保険が付帯されていないということです。これは年会費無料なので仕方ないですが少し惜しい部分です。