ANAカードの基本と、おすすめカード

■ANAカードをおすすめする理由

ANAマイルが貯まりやすいクレジットカードとして人気が高いのがANAカードです。数多くの方がこちらのクレジットカードを利用しておすすめの一枚となっているのにはどのような理由があるのでしょうか。理由としては様々なことが考えられるのですが、今回は特にANAカードを利用することによって得られるメリット、おすすめ理由についてご説明したいと思います。

・理由その1:ANAカードはクレジットカードとしての種類が多い
通常のクレジットカードであれば一般カード・ゴールドカード・プラチナカードなどの種類があれば多いほうだと思います。
しかしながらANAカードであればクレジットカードの種類はもっと多岐にわたっています。一般カードだけでも国際ブランドは多くから選択できるようになっていますし、電子マネーが付帯されているものであれば提携している電子マネーの種類も数多く用意されています。
国際ブランド・付帯されているサービスや電子マネー・カードのグレード・20代専用などの様々な条件から自分にピッタリのクレジットカードを選択できるのがANAカードがおすすめの理由の一つとなっています。

・理由その2:とにかくマイルが貯まる
ANAカードがおすすめとなる理由の大半はここにあるでしょう。ANAカードは他のクレジットカードを利用するよりも遥かにANAのフライトでマイルが獲得できるクレジットカードとなっています。どのクレジットカードも年会費は必要となっていますが年に1回でもフライトを利用すると年会費以上のマイルが獲得できるものも多く用意されています。
マイルの獲得手段としては毎年の初回搭乗時に付与されるボーナスマイルとフライトに加算されるボーナスマイルが中心となっています。またこれに加えてクレジットカードとして街なかで利用した金額に対しても一定の割合でマイルが貯まるようになっていますのでよりお得にマイルを貯めることが可能です。

街なかでの利用に限らずANAカードは楽天Edyのチャージでもマイルが貯まるようになっていたり、携帯電話料金などの支払い先としても指定することができますのでマイルの獲得が期待できます。

・理由その3:ANAでの割引が多い
これは企業と提携しているクレジットカードに多い例ですが、ANAカードもANAの施設で利用すれば割引を受けることが可能です。空港や機内での利用はもちろんのこと、専用の会員向けWebサイトからツアーなどを申し込むときにも優待価格が提供されているなどオトクさは高いものとなっています。

■どのANAカードがマイラーには利用しやすいの

ANAカードは提携カードも含めて様々なグレードが用意されています。ANAから発行されているプロパーカードでは一般カード・ゴールドカード・プレミアム(いわゆるプラチナカード)が発行されていますのでこれらについてどのような差があるのか、そしてどれを利用するのがよりお得なのかについていくつかのポイントから評価してみたいと思います。

年会費やサービスについては国際ブランドによって差が大きくありますが、今回は無難な国際ブランドであるVISAを例に考えてみたいと思います。アメリカン・エキスプレスやダイナースを利用するのであれば年会費は大きく異なりますので注意しましょう。
年会費を中心として考えた場合に最も維持費が少ないのはもちろん一般カードをの利用です。年会費は2160円(初年度無料)となっていますので、ANAカードの中でも非常に手頃な価格設定となっているのが特徴です。この年会費であってもフライトボーナスや初回搭乗時のボーナスは用意されていますので最低限マイルを貯めていくのには問題ないスペックとなっています。
これに対して最上位のプラチナカードであればどうでしょうか。こちらの場合は年会費が86400円となっています。一般カードと比べるとあまりにも高額ですしクレジットカードの中でも高額なものとなっています。これほどまでのクレジットカードとなるとマイルを貯めることよりもプラチナカードとしてのコンシェルジュサービスの利用や保険などのその他付帯サービスの利用が中心となってきます。つまりマイルを貯めるということを目的とするとこのANAカードはあまりお得とは言えないわけですね。

さて、私がおすすめするANAカードはどれなのかというとそれはズバリANAカードワイドゴールドカードなんです。年会費は10260円と少し高めには設定されていますが、日頃の決算と年1-2回以上のフライトを利用するのであればこのANAカードが最もマイルが貯まりやすいものとなっています。年会費が少し高額となっているため、フライトを全く利用しないでマイルを貯める陸マイラーとなるには月間15-20万円程度の支払いが必要となるなどハードルは高いのですが、フライトを利用すれば月間10万円程度でも利用すれば十分お得にマイルを貯めることが可能です。フライトを利用するのであればワイドゴールドカードが乗れば乗るほどマイルが増加するクレジットカードとなっていますのでぜひ利用して貰いたいと思います。

ANAカードの還元率はどのくらい?

ANAカードは人気のクレジトカードです。実際に利用している方も多いわけですが、注目しておきたいのが還元率です。マイルの還元率を知ってから利用するかを判断しても遅くはありません。そもそもマイル還元率というものをしっかりと把握した上で、そのクレジトカードを利用するのか、ということを決めるべきなのです。

今回はANAカードの還元率はどのくらいに設定されているのか、というところについいてお話させてもらいます。

・ANAカードの還元率と付与率について

ANAカードのマイル付与率ですが、0.5%から1.0%の設定となっていますただし、還元率がそのまま0.5%から1.0%なのではありません。基本的に1マイルあたり2円相当の価値となっているので、マイルの還元率にすると、1.0%から2.0%の設定になっているわけです。

ですから、仮に月に30,000円利用すれば300円から600円分のマイルを獲得できる、という計算になります。年間にすると3,600円から7,200円分おマイルを獲得できる、ということにもつながってくるわけです。

他のクレジットカードのポイントを貯めてマイルに交換する、ということをしている方もいますが、ANAカードでマイルを獲得したほうが圧倒的に高還元率になります。ANAマイルを貯めるならANAカードを利用すべきなのです。

ANAカードのポイント有効期限とは

ANAカードを利用しているのであれば、やはりポイントを有効に貯めていきたい、ということを考えるはずです。そこで注目すべきはANAカードのポイント有効期限です。どの程度ためられるのでしょうか。それともポイント有効期限はすぐにやってきてしまうのでしょうか。

こちらではANAカードにおけるポイント有効期限についてお話します。

・ANAカードのポイント有効期限について

ANAカードは一旦ポイントで獲得できるため、結果鉄器に有効期限が長くなるシステムです。どういったことかというと、まずはポイントとして獲得できます。そのポイントには有効期限があるわけです。さらにマイルに移行します。そのマイルにも有効期限があるわけです。そうはポイントとマイルの二つの有効期限があるので、ケカ的に長きに渡って利用出来るチャンスが有る、というポイントの有効期限いなっているわけです

ちなみにANAカードのポイント有効期限ですが、JCBやVISAに関しては2年間の設定となっています。一方で、ANAマイルに関しお手は3年間の有効期限の設定となっています。要は合わせて5年間の有効期限が設定されているわけです。長きに渡ってポイントとマイルを貯められるサービスとなっています。すぐにポイントを使わない、という場合でも全く問題ありませんよ。

ANAカードのANAマイルが利用しやすくなった!

ANAカードと言えばANAマイルといっても良いでしょう。しかし、そのANAマイルですが以前は使いにくかったのです。非常に残念なことでしたが、事実でした、しかし、現在ではそのANAマイルの使いにくさ、と言うものもだいぶ改善されてきたのです。

こちらではANAマイルの使いやすさ、といいうものにスポットライトを当てます。

・ANAマイルはどのように使いやすくなったのか?

以前のANAマイルですが、特典交換先としてマイルで航空チケットを取る、ということをしたくてもできなかったのです。
マイルで航空チケットを取ろうにもいつも予約が埋まっている状態でした。その結果、せっかく獲得したマイルが利用されないままになってしまう、といったケースが極めて多かったのです。

しかし、現状ではANAもしっかりと努力をしてそのような状況に変化を加えています。特センスフライトという制度をスタートさせているのです。これは空席がある限り、特典航空チケットの予約を受け付けてくれます。いままで以上に、圧倒的にマイルが交換しやすい状況になっているわけです。通常、マイルを利用した特典空港チケットの予約は、特典空港チケット用の座席が埋まり次第締め切られていたのです。しかし、特選フライトは、特典航空券用の座席の枠を取り去ってしまったのです。

■年会費は高いが機能性抜群のANAカード〜ANA VISA/Masterワイドゴールドカード〜

年会費が高い、というのはあまり良く思わないかもしれません。確かに、年会費が高いカードは使いこなさなければもったいない、といった状態になってしまうことも考えられるわけです。そんな年会費の高いクレジットカードですが、やはり機能性は抜群になっているものもすくなくありません。

今回は年会費は高いけどおすすめのANAカードとして「ANA VISA/Masterワイドゴールドカード」を紹介します。どんなメリットが有るカードなのでしょうか。

年会費については、15,120円の設定となっています。ゴールドカードとしては平均的な年会費と言っても良いかもしれません。しかし、最近では年会費が10,000円を割り込んでいるゴールドカードも多くなっているので、それらと比較すると少し年会費的には高いといえるわけです。

ANA VISA/Masterワイドゴールドカードの最大のメリットは、マイル移行手数料です。一般的にANAカードではマイル移行手数料が発生してしまいます。それなりの費用が必要になってしまうのです。しかし、ANA VISA/Masterワイドゴールドカードに関しては、マイル移行手数料が全くかかりません。安心してマイルを移行できる、という特徴があるわけです。

電子マネーも利用可能です。楽天EdyとiD、さらにPiTaPaの利用が可能です。ちなみに継続マイルは2,000マイルの設定となっています。

■ANA VISA/MasterワイドカードはボーナスマイルがオトクなANAカード

ANAカードの特徴として注目してほしいのがボーナスマイルです。基本的に年会費がかかるカードばかりですが、その年会費の費用分をボーナスマイルで取り戻せる、といった特徴があるわけです。マイルをたくさん獲得していきたい、という方に関してもボーナスマイルに優れているクレジットカードを保持していくことが重要になってくるわけです。

今回はボーナスマイルに非常に大きな特徴がある「ANA VISA/Masterワイドカード」についてお話します。果たしてどのくらいのボーナスマイルが獲得できるカードなのでしょうか。確認してみます。

まず、毎年の継続マイルに関しては2,000マイルの設定となっています。何もせずに1年毎に2,000マイルが獲得できるわけです。10年間で20,000マイルにもなる計算です。継続ボーナスマイルを使って旅行をお得にすることも可能ですよ。
さらにもう一つのボーナスマイルである搭乗ボーナスマイルにも注目しなければなりません。搭乗ボーナスマイルに関しては、+25%の設定となっています。ANA便を利用する度にたくさんの登場ボーナスマイルが獲得できるようになるわけです。

他の特徴としては年会費があります。年会費については、7,830円の設定となっています。ボーナスマイルが良いので、年会費分はすぐに取り戻せる、と言っても良いでしょう。