ANAカードの基礎知識

■ANAカードの基礎知識を持っておこう

最近は提携カードも含めて種類が増えてきたANAカードですがその正体はどうようになっているのでしょうか。「ANA」と付くぐらいですのでANAのフライトでお得そうであるということはなんとなく想像が付くと思います。本家のANAが発行しているものや提携カードとして他のクレジットカード会社が発行しているANAカードまで今回は基礎知識についてご紹介しています。

・ANAカードの種類
まず知っておきたいことはANAカードにはどのような種類が用意されているのかということです。基本的にはANAカードにはANAとJCBが連携して発行されているプロパーカードとして扱われているものと、他のクレジットカード会社などと提携することによって発行されている提携カードに分類されています。プロパーカードの方が有名な印象は受けますがANAカードであっても提携カードは用意されていますので心配ないでしょう。
またクレジットカードのランクも幅広く提供されているのが特徴で、一般カードからゴールドカード・プラチナカードとそれぞれのランクで複数のカードが提供されています。また同じランクのクレジットカードでも国際ブランドを複数選択できることによって自分が最も利用しやすいANAカードを手に入れることが出来るように考慮されています。選択できる国際ブランドは利用するANAカードによって多少異なりますのでその点は注意してください。

・豊富なメリット
ANAカードにはメリットが数多く用意されていますがまず一番のメリットはANAマイルが他のクレジットカードに比べて多く貯まることでしょう。クレジットカードに入会するときのボーナスマイルから毎年度利用によって付与されるボーナスマイル、フライトを利用することによって手に入れるマイルなど獲得手法は様々あります。ボーナスマイルが充実していることによって年間1回でも利用すれば年会費以上の価値があることも多いですし簡単にお得さを感じることが出来ます。
次に家族カードを利用したANAマイルの獲得システムも充実したものとなっています。詳細は割愛しますが年会費無料で家族カードの利用によって獲得したANAマイルを一つのAMC番号で管理することが可能となります。
またマイルだけではなくポイント獲得システムも充実したものとなっています。還元率は利用しているクレジットカードによってことなりますがプロパーカードであれば0.5-1%が貯まりますし、提携カードであればそのクレジットカード会社に沿ったポイントが貯まるようになっています。

■学生は専用ANAカードを使え

ANAカードには20代向けに発行されているものと学生専用として発行されているものの2種類が用意されています。学生であれば18歳からクレジットカードを利用できますし、学生専用のANAカードを利用するのが必須となっています。ただ、未成年の場合は親権者の同意が必要となりますのでその点だけは注意してくださいね。

こちらのANAカード学生用であれば在学中は年会費無料でほぼANAカード一般カードの機能を利用することが可能となっています。しかもそれに加えて学生によりANAカードを利用してもらうためのサービスも付帯されており総合的な利用価値は一般カードよりも高いものとなっているのが特徴です。

ANAカード学生用の特典としてはほぼ一般カードと同じですのでもちろんボーナスマイルの付与も用意されています。本来は年会費1242円でマイルが1000マイル付与されるものとなっていますが、在学中は年会費無料で1000マイル付与されますのでこれだけでもANAカードを所有しているとお得ということになるのです。またクレジットカードをそれなりに利用してそのポイントをANAマイルに交換したいのであれば10マイルコースに加入することもできますので、この点でもANAカード ZEROより学生が優遇されていることが見て取れます。

獲得できるボーナスマイルには学生専用のものも用意されており、これは年間のANA利用に応じて貯まるポイントで計算されるものとなっています。ANAの利用で特定の数式で算出されたポイントが貯まっていくため、このポイントが一定数に達するとボーナスマイルが付与されるような仕組みとなっています。
ANAなんて学生の間にあまり利用しないと考える方も居るとは思いますが、学生はスカイメイト割引と呼ばれるものが用意されており通常より安い価格でフライトを利用することが可能なのです。つまり割引運賃でマイルも貯めながらボーナスマイル獲得のチャンスもあるのがANAカード学生用の魅力となっているのです。

またANAカード学生用の最後の特典として用意されているのが、卒業後ANAカードの一般向けに切り替えるときに2000マイルのボーナスが付与されるということです。他社でも学生カードから一般向けのクレジットカード切替時に何かしらのボーナスが用意されていることは多いですがこれは嬉しいです。卒業後も見越してANAマイルを貯めるのであれば学生時代からこちらのクレジットカードを利用するのが一番の近道です。

■ANAカードを複数持つときは番号を統合すべし

提携カードなどでANAカードの種類も増えてきており、一人で複数のANAカードを持つ方も増えてきたのではないでしょうか。一枚はANAが発行する本家のANAカードで残りは「楽天ANAマイレージクラブカード」のようなポイントも貯まる提携カードであったり、同じANAカードでも複数の国際ブランドを用途によって使い分けているような方も居るのではないでしょうか。
複数のANAカードを所有することになると一枚しか所有していないときには発生しなかった問題が生じてしまいます。その問題というのはそれぞれのANAカードに記載されているANAマイレージクラブ(AMC)の番号が異なるということです。クレジットカード一枚にAMCの番号が固有のものとして付与されており、一見すると利用者は同一人物にも関わらず別のAMC番号としてマイルが貯まってしまうように見えてしまいます。この考えは何も間違っておらず私たちが手続きをしなければ同一人物が内容の異なったANAカードを利用しているだけにも関わらずマイルを別々に貯めなければならなくなってしまうのです。

これじゃ複数枚持つ意味が無いように思われてしまいそうですが、実際にはもちろんですがこんなことは無く手続きをして一つのAMC番号として利用できるようにしなければならないのです。マイル自体はそれぞれのAMC番号に紐づいて貯まるようにはなっているのですが、利用する際には全てが一つのAMC番号に紐づいているかのように利用できるようにするわけです。

この手続きはANAカードの申し込み時にしておくことが一番手軽でしょう。新規に発行するANAカードの申し込み時にすでに持っているANAカードに記載されているAMCの会員番号を記載するだけです。これをするだけで既存のマイルとこれから新しく発行するANAカードで貯まるマイルを統合して利用することが出来るようになります。マイルはどこか一つの番号に集約されるわけではなく、あくまでの一つのAMC番号で利用が可能になるだけですのでこの点は注意しておいてもらいたいと思います。
もし申し込み時に記入を忘れたとしても、すでに持っているANAカードを利用して会員向けサイトにログインすれば別のAMC番号との統合を申し込むことが可能です。こちらから対応しても大した手間ではありませんので、申し込み時に番号が分からなければ一旦空欄で申し込んでしまっても差し支えはありません。

■法人向けANAカードもあります

マイルが貯まりやすいことで人気のANAカードは法人向けクレジットカードも提供されています。(ANA以外のマイルカードならこちら:http://cretatsu.com/mileage-card)法人向けのANAカードも個人向けのANAカードと同様にクレジットカードのグレードと国際ブランドを複数から選べるようになっており今現在で10種類から選択できるようになっています。この法人向けのANAカードに関しては個人で利用するものと異なっている部分が多く注意すべきこともありますのでよく確認してください。

まず個人向けのクレジットカードと異なる点は法人向けのANAカードはすべてのカードがANAマイルへの交換に対応しているわけでは無いということです。これを知らずに利用しているとショッピング部分関しては全くマイルに換算されないことになりマイルを貯めるということを目的としているのであれば損をしてしまいます。もちろん、ポイントシステムは各社充実しているので完全な損ということは無いのですが、マイルに交換したいのであればポイント獲得分が減ってしまうことになります。基本的にはANAの法人向けクレジットカードの中ではJCBブランドだけがANAマイルへの直接交換に対応しています。こちらのポイントシステムからのマイル獲得は還元率にすると1%となっており、実質的にマイルが貯まるクレジットカードとしては高還元率な部類に入っています。

付帯サービス面に関してはどのようなものが用意されているのでしょうか。まずANAカードらしい特典といえばANAワイドゴールドカードやANAワイドカードのような上位カードを利用していると専用のカウンターでチェックインが可能となります。一般カウンターは混み合うことの多い国際線のエコノミークラスであってもビジネスクラスカウンターでチェックイン出来るようになりますので短時間で済ませることが可能となります。
他にはANAカードを利用していることによるツアー参加などの割引を法人カードとして受けることが出来るので社員全体で割引料金のお得なものを活用することが可能となります。日ごろのANAカードの利用でマイルが貯まりますので、これらの支払いにも利用できますしマイルを利用して個別に航空券の手配が可能となるのも魅力的です。

ANAカード法人用を利用すればマイルも貯まりますし、割引も含めてお得にANAを利用することが出来ます。普段の旅費清算を簡略化する意味でも福利厚生を充実化させる意味でも役立つ1枚となるでしょう。

ANA JCB法人カード ワイドカードの特徴とは

少し上級のANAカードを利用したい、という希望を持っている人も多いのではありませんか。そんな方におすすめしたいのがANA JCB法人カード ワイドカードなのです。ゴールドカードに匹敵するほどの能力があるのですが、それほど敷居が高いわけではありません。

こちらではANAカードの一つであるANA JCB法人カード ワイドカードの特徴に迫ります。

■ANA JCB法人カード ワイドカードの特色とは?

・年会費が高めの設定である

ホイウジンカードであり、ゴールドカードと言ってもよいほどの機能を兼ね備えているので、年会費は少し高めの設定になっているのです。
初年度年会費は12,690円であり、2年目以降に関しても12,690円の設定となっています。年会費が高くなっているので、気軽に利用できるものではありません。しっかりと使いこなしていかなければならないわけです。

・チケットレスサービスあり

ANA JCB法人カード ワイドカードですが、JCB.ANAdeskはインターネットから航空券を予約可能です。しかもチケットレスサービスとなっているのです。さらに立て替え
も不要で、「事前座席指定サービス」も利用も利用できるのです。ANAを利用して移動する機会が多い、という方には無くてはならないクレジットカード、といっても良いのではありませんか。